飲み会から出会い系で素人の女性とワンナイトセックスをした体験談

飲み会から出会い系で素人の女性とワンナイトセックスをした体験談 セフレ募集に関する書き込み

はじめまして、こんにちは。

最近、人妻だけでなく若い女の子(出会い系素人)とも遊ぶようになりました。

美味しいステーキでも長引くとつまらなくなるそうです・・・。ワンパターンの出会いだとマンネリ化してしまいますよね。

以前は欲求不満な人妻と出会ってドーピングしてハードなセックスをしてから急ピッチでセフレ化をしていました。

しかし、しばらくすると出会い系で素人のOLと遊ぶ楽しさにも目覚めてしまいました(笑)。

出会い系の素人の女の子をチェック

「出会い系で知り合ったのは処女の女の子でした。」

ある日、友人から教えてもらったことをきっかけに、素人の女の子との出会い系に興味を持つようになりました。

欲求不満な既婚女性との出会いは多かったけど、処女との出会いは・・・。正直なところ、私自身は一度も経験したことがありません。正直なところ、私自身も処女には会ったことがないのですが・・・。

慣れていない子を攻略する話をしても面白いかもしれませんね。

まず、「今日じゃないけど・・・」という掲示板に投稿します。そして、プロフィール検索を「登録順」にして、上からチェック。

すると、女の子が出てきます!

23歳、社会人1年目。
新人研修で地方に派遣されたため、話す友達がいません。
(プロフィール入力もほとんどなく、写真もなし。)

見た瞬間にピンと来たのですぐにメッセージを送りました。

返事は来ませんでしたが、3日待ってようやく返信が来ました。私への返信の書き方がわからず、考えるのに時間がかかってしまったようです。

返事は少し堅苦しく、形式的なものでした。いつもなら、この手の返信は面倒なので避けていました。
しかし、今回は期待が高まりました

ということで、できるだけ丁寧な言葉を選んでメールを送ってみます。まるで大学の通信員のような気分でした(笑)。

素人の新卒OLと飲み仲間と会うことになりました

メールのやりとりを始めて2週間ほどで

「飲みに行きませんか?」

と誘われました。もちろん断る理由もないので快諾。

彼女が私のタイプかどうかはまだ確認していません。(ということはデブスwの可能性も残っている。)彼女は世間話をしながら飲みたいとのことだったので、駅近の居酒屋で直接会いました。

待ち合わせ当日、私の急な残業で約束の時間に遅刻しそうになったので、彼女にメールを送ると・・・。

「じゃあ、その前にちょっと飲んでくるから・・・。」

彼女から返事が来ました。まるで初対面のカップルのやりとりのようで、興奮してしまいます(笑)。

待ち合わせ時間に30分遅れてしまいました。メールを送り、テーブル番号を教えてもらいます。

店員さんに案内されて渡されたテーブルに行くと、そこには若い女の子が座っていました。彼女はサワーを飲みながら携帯電話をいじっていた。

「初めまして、遅れてごめんなさい、◇◇と申します。」
「はじめまして こんにちは、お元気ですか?私は○○と申します。」
「いや、そんなに緊張しなくても(笑)。」
「ごめんね。まだ準備中で…。ちょっと飲んで落ち着こうと思って(笑)。」
「じゃあビールでも飲もうかな。おつまみを頼んでもいいですか?苦手なものはありますか?」
「いいですよ。では、◇◇さんのお勧めをお願いしますね。」

見た感じだと、『篠○麻○子』のような・・・かな?という印象を受けました。

彼女は最初は緊張して硬直していました。でも、すぐに答えてくれて、パーティー自体にも慣れているようでした。

運ばれてきたお酒や料理を楽しみながら、世間話をして盛り上がりました。
会話の内容は、どこにでもある仕事の愚痴や人生の不安などでした。職場以外の人と話ができるのが嬉しいとのことで、彼女は会話に満足していました。

「ライン交換してもいい?」

別れ際には、彼女からそう言われました。意外と積極的なのかもしれませんね(笑)。
この日はセックスはありませんでしたが、気分は満たされていました。

デートには必ず下心がある。2回目の飲み会デートで一夜限りのお付き合いをする。

それ以来、空いた時間にラインでチャットをするようになりました。

彼女は一人暮らしで寂しいのか、時間が余っているのかもしれませんが、ほぼ毎日おやすみメールが来ていました(笑)。

1週間ほど経って、今度は自分から誘っています。

「また飲みに行かない?」

彼女は駅の広場で待ち合わせをすることを承諾してくれました。今回は雰囲気の良いバーを選んで、駅の広場で待ち合わせをすることにしました。

今回は時間通りにバーに到着しました。今回はちょうどいい時間に駅の広場に到着し、彼女も時間前に到着していたので、待ち合わせはスムーズに進みました。

今回はちょうどいい時間に彼女が到着したので、私たちの出会いはスムーズに進みました。

ドキドキしました。その大きな理由の一つは、彼女が出会い系については素人だからだと思います。

・・・とはいえ、やはり出会い系サイトです。出会いに下心があるのは否めません(笑)。

お酒を飲むようになってからは、前回よりも慣れてきて、酔うのが早くなって話も弾むようになってきたようです。

「彼氏がいればいいのに・・・」

と、たまにこんな感じで口を滑らせてしまうことがあるんですよね・・・。正直、友達として世間話だけで満足しているわけではないと思います。

もしかしたらチャンスはあるかも?と思っていたのですが、その時に彼女がその気になったようです。

「◇◇さん、セックスのこと考えてたんでしょ?」
「いや、会った時から考えていたんだ。考えない方が不自然じゃないですか?」
「正直、そうですよね(笑)でも、私のような鈍感な人間を相手にしても面白くないですよね?」
「そんなことはないと言いたいところだけど・・・確認してみないとわからないですよね?」
「何を確認する?(笑)」

もちろん、体の相性の問題では?(笑)

素人出会い系女性との飲み会からワンナイトセックス大成功

お互いに隠しきれない下心を感じ、店を出るとそのままラブホテルへ。

彼女は慣れていなかったとはいえ、初めてではありませんでした。彼女は恥ずかしそうにしていましたが、素直についてきてくれました。

部屋に入ると、彼女は何をしていいかわからず固まってしまいました。テキパキしている人妻にはない反応で、新鮮で萌えます。

私がベッドに誘うと、彼女はシャワーに行きたいと言い出して・・・。酔っぱらっていた私は、直接キスをしながら彼女を押し倒しました。

服を着たままでも彼の体型が見えて、引き締まったスタイルが目に浮かびます。
やはり、部活のようなことをしていたのでしょう。

「何かスポーツでもしていたの?スタイルがいいですね。」

「いやぁ…恥ずかしいです。学生時代は剣道をやっていたんですが。」

「うわー、なかなかかっこいいですね。だからオシャレなんだね。彼氏とかいた?」

「2歳年上の男の人と。他の部員には内緒にしていたけど、でも、先輩の卒業を機に二人は自然消滅してしまった。それ以来、何もできなくなってしまった。」

セカンドヴァージンを手に入れたってことかな。

元カレは高校生だったので、あまり経験がないようで、テクがないようでした。しゃぶらせてみましたが、気まずいし、テクニックもないし・・・正直イマイチでした。

でも、挿入してみると、とても締まっていました。人妻では体験できない喘ぎ声がたまらない。
私は意識的に彼女の子宮の奥を突いてみました。彼女はどう反応していいかわからないようで、泣いているような声を出していました。

そのまま、剣道部OGのナイスバディを正常位で2回も堪能することができました。こんな未発達な彼女をどうやって好きにさせたらいいのか、興奮が止まりませんでした。

ワンナイトできたものの、出会い系は彼氏ができるまでの繋ぎだった

ナイスバディは堪能できたものの、関係が上手く続かないのも出会い系の宿命。どうやら、同時進行で彼氏候補(会社の先輩?)がいたらしく・・・

「正式に付き合うことになったので、もう会えません」

お礼も兼ねたお別れメッセージが来ていました。
彼氏候補と良い雰囲気なのに一線を越えられず、自分の女性としての魅力に悩んでいたとの事。

自分とのエッチが、彼女の何かを目覚めさせるきっかけになったようで・・・。次の日には彼氏候補とデートして、しっかりお泊まりしてきたようです(笑)

自分としては、これ以上追うわけにもいきません。ワンナイトとはいえ楽しませてもらったので、文句を言える筋合いでもないですね。

これは良い思い出として、別の出会い系素人を探すことにします!

タイトルとURLをコピーしました