人妻との交際・人妻とのセックスの裏側

人妻との交際・人妻とのセックスの裏側 セフレ募集に関する書き込み

人妻との交際・人妻とのセックスの裏側、というか現実について書いてみます。長文ですが、リアルで役に立つ内容になっていると思います。

  1. 女性の浮気率が2年で2倍に(44%)衝撃の事実
  2. 女性は不倫率で男性を上回る
  3. 人妻の7割以上が不倫の出会いに興味を持っている
  4. 不倫したい人妻はどこで出会う?
    1. パート先
    2. 習い事など
    3. PTAの関係
    4. SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)
    5. 出会い系サイト
  5. 出会い系サイトは不倫したい人妻が多い証拠
  6. 出会い系サイトで人妻と出会うまでの流れ
    1. プロフィールを充実させる
    2. プロフィール検索を使ってメールする相手を探しましょう
    3. 気になる相手には紳士的なメールを送りましょう
    4. 既婚者の場合は、自分にも相手がいることを必ず伝えましょう
  7. 人妻とのアポを取るための必殺技とは?
  8. 人妻が不倫に求めるものを考えよう
  9. 人妻をホテルに誘うときには明確に
  10. 人妻と不倫セックスをするときの注意点
    1. 旦那さんにバレないように計画を立てよう
    2. ラインでやり取りをする場合
    3. 電話だけして時間を決めておく
    4. ヤフーメールなど自宅で作成してログインしない。スマホでログインして、メールをチェックするたびにブラウザのクッキーを削除する
    5. その他にも
  11. 人妻のセフレは必ず複数作る
  12. 人妻を満足させるセックスとは?
  13. 不倫や既婚者とのセックスで得られるメリット
    1. 人妻との恋愛暴走のリスクが少ない
    2. セックスが濃くて気持ちいい
  14. 人妻と不倫してセックスする方法は行動だけ
  15. 既婚者として出会い系を利用する意味を理解しよう

女性の浮気率が2年で2倍に(44%)衝撃の事実

皆さんは「人妻」という言葉にどんなイメージを持っていますか?男性はみんな何かしらのヤリマンな印象を含んでいると思います。

既婚女性はセックスが大好きで色気があるような気がします。
男性経験が豊富なので、色々なことに長けているように思います。
熟れた体がセクシーに感じます。

AVメーカーでは「人妻」が大量に販売されているため、人妻は男性にとって一種のセクシーな魅力のように映ることがあります。NTR(寝取られ系)AVは、今でも人気の高いジャンルの一つです。

しかし、近年ではイメージよりも実際の人妻の方が凄いのが現実です。人妻不倫ドラマが大ヒットし、実際に不倫願望を持つ人妻が急増しています。その実態を物語る調査結果をご紹介します。

Q:不倫をしたことがありますか?
はい 44%【女性】
はい 40%【男性】
* 2018年モ〇ルプレスが実施した街頭調査の結果

女性は不倫率で男性を上回る

不倫や浮気は男性がするものというイメージがありますが、実際には女性の方が男性を上回っています。他にも、大ヒットドラマ「昼顔」以降、特に女性の不倫率が急増しているというデータもあります。上記のモ〇ルプレスのデータでは、2年前の同じ調査では女性の不倫率は28%でした。この2年で2倍近くになっていることがわかります。

人妻の7割以上が不倫の出会いに興味を持っている

実際に4割以上の女性が不倫経験があるとすると、既婚女性の中で不倫願望を持っている人はどれくらいいるのでしょうか?
某化粧品会社がこれについても調査を行っています。その調査によると、不倫願望がある、もしくは不倫をしたことがある女性の割合は77%でした。つまり、実際には浮気をしていなくても、既婚女性の大多数が浮気願望や憧れを持っているということになります。
わかりやすく言うと、男性側の大多数の男性は美人の既婚女性とセックスしたいと思っていますし、既婚女性も同じくらいの割合で不倫に憧れているということになります。

もちろん、男性と違って女性が不倫願望を公言することはまずありません。しかし、匿名でのアンケート調査では、このような驚くべき結果が出てきます。

不倫は基本的に秘密裏に行われるものなので、不倫をしている人がどれだけいるのか実感がわきません。しかし、驚くべき数の既婚女性が不倫をしているという現実があります。この現実を一番感じることができる場所は、後ほど詳しくお伝えする出会い系サイトです。

不倫したい人妻はどこで出会う?

不倫をしたいと思っている人妻が想像以上に多いことがお分かりいただけたかと思いますが、実際にそのような人妻はどこに不倫相手を探しに行っているのでしょうか?ここでは、人妻が不倫相手と出会う場所をご紹介します。

パート先

まず、パート先で知り合った男性と不倫をしてしまうケースです。この場合、ダブル不倫になることが多いのが特徴です。しかし、他のパートの人の嫉妬からトラブルになるケースも多いと言えます。好きになってしまうのは仕方のないことですが、不倫相手を見つけることが目的であれば辞めた方が良いでしょう。

習い事など

ジムやテニスなどのスポーツ業界では、コーチと不倫することは非常によくあることです。なぜかスポーツ業界のトレーナーやコーチは遊び人の男性が多く、複数の人妻と同時に交際している人も少なくありません。
しかし、コーチなどは基本的に既婚女性にモテるため、パート先の女性以上に、不倫を暴露するような嫉妬心から自宅に手紙が届くなどのトラブルに巻き込まれることも少なくありません。

PTAの関係

ありえないと思うかもしれませんが、実は学校のPTA内で二重の不倫をしている人も珍しくありません。言うまでもなく、そのリスクは大きいものの一つです。
本人は気付いていないと思っていても、PTA内で有名になってしまっているケースがほとんどです。下手をすると、子どもを巻き込んで傷つけてしまうこともあるので、絶対にやめましょう。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)

SNSも十分に浮気のきっかけになります。その中でも特に多いのがFacebookです。昔の彼氏や学生時代の同級生とFacebookを通じて再会して、それが不倫に発展するパターンです。
これと似ていますが、同窓会では不倫ラッシュです。しかし、同窓会での不倫の噂もすぐに広まってしまいます。私は同窓会には参加していませんが、なぜか「同窓会が終わってから誰が誰と不倫している」という情報しか入ってきません(笑)。

出会い系サイト

その名の通り、出会いを求めている男女が登録するサイトなので、浮気をしたいと思っている人には一番簡単にできますし、旦那さんにバレたり、近所で噂になったりするリスクも少ないので、浮気をしたい既婚女性が一番利用しているサイトだと言えます。
出会い系サイトのイメージはあまり良くないので、男性を騙そうとする詐欺師が跋扈する悪質なサイトだと思っている人もいるかもしれませんが、最近の出会い系サイトの状況は驚くべきものがあります。実際には、アクティブユーザーとしての男性の数よりも、浮気をしたいと思っている女性の数の方が多いのではないでしょうか。

出会い系サイトは不倫したい人妻が多い証拠

人妻と会ってセックスしたいなら出会い系サイトを利用すべきです。出会い系サイトにはネガティブなイメージを持っている人が多いですが、今の出会い系サイトは全く別物になっていると言っていいでしょう。それは、最近では大手の出会い系サイトに登録している人妻の数がとんでもない勢いで増えているからです。実際に大手出会い系サイトに登録して、プロフィール検索を「既婚者」に限定してみると、一目瞭然です。

既婚者や専業主婦の奥様でも、口説き落としていることを公言している人がたくさん見つかるはずです。具体的に言うと、埼玉の人妻に絞って検索しても、大手の出会い系サイトでは2000件までヒットしました。実際にどれだけの人がいるのか想像もつきません。

考えてみてください。
人妻が一人で出会い系サイトに登録する。おかしいと思いませんか?それは、100%男性からの誘いを待っているということです。それも浮気相手を探しているのです。道を歩いていてももちろんわからないと思いますが、出会い系サイトであれば「不倫願望があるから男性を探している」ということになります。これが男性にとってどれだけおいしい状況なのか、お分かりいただけたでしょうか?

出会い系サイトで人妻と出会うまでの流れ

出会い系サイトを利用して実際に出会うまでの流れを詳しく見ていきましょう。

プロフィールを充実させる

出会い系サイトで重要なのは、自分のプロフィール欄の充実度です。なるべく多くの項目を記入するのが面倒だと思わないようにしましょう。その際の注意点は以下の通りです。

  • 優しい人に見えるか?
  • 紳士的に見えるか?

既婚女性が特に重視するのは、「紳士的で優しい人に見えるかどうか」です。イケメンかどうかは、若い女性に比べて優先順位が低い傾向にあります。そのため、プロフィール内で使う文章は丁寧なものにして、女性を大切にしていることが伝わるようにしましょう。また、好きな動物のことを書いたり、優しい性格であることをアピールするようにしましょう。このようなことを意識して書けば、メールの反応率は大きく変わってきます。

お金持ちをアピールするために下手な工夫をする必要はありません。それどころか、あなたに会いに来てくれるパパ活女子ばかりで迷惑なだけです。

自分を良く見せるために嘘を書くのもやめましょう。既婚女性といえば、特別なプロフィールを求めているわけではありません。彼女たちが求めているのは、ときめきや癒しです。

写真に関しては、一番いいのは正面から見て顔を入れることですが、それが無理な場合は、横を向いたり、目を覆ったりしてもいいでしょう。ただし、できるだけ素敵に見えるように写真を撮るようにしましょう。

プロフィール検索を使ってメールする相手を探しましょう

プロフィールが完成したら、次は相手探しです。ここで注意しなければならないのは、出会い系サイトの掲示板は絶対に利用しないことです。基本的に掲示板に書き込んでいる女性はデリヘル業者の契約者ばかりなので、人妻との不倫は期待できません。

彼女たちを見つける方法としては、プロフィール検索をするのが一番です。希望の身長と年齢を入力したら、相手を「人妻」に変更します。人妻を検索するとたくさんの人妻が出てくるので、一つ一つプロフィールをチェックして、気になる女性にはメールを送りましょう。

その際には、プロフィールの以下の点をチェックしておきましょう。

  • 募集書き込み(掲示板)をしている女性は業者なので無視しましょう。
  • プロフィールにアダルトな内容を書いている場合は、それも業者なので無視しましょう。

既婚女性がエロいのは間違いありませんが、それでも素人はプロフィールに「セックスしたい」「欲求不満」とは書きません。旦那とはセックスしない」と書いてあれば業者でもあります。また、わざわざ掲示板で男性を募集するようなこともしません。これらはデリヘル業者なので、メールを送らないように注意しましょう。

気になる相手には紳士的なメールを送りましょう

プロフィール検索で気になる人妻が出てきたら、すぐにメールを送りましょう。毎日のように新しい人妻が登録されていますが、基本的には登録は早ければ早いほど良いので、できるだけ早くメールを送りましょう。
メールで悩んでいる人も多いですが、難しく考える必要はありません。紳士的な感じの簡単な挨拶文がベストです。

例えば、以下のようなものです。

はじめまして、都会で働いている40歳の既婚男性です。
あなたと私は、お互い既婚者だからこそ話せることがあるのではないかと思っていたのですが、どうでしょうか?
もしよろしければ、少しお話したいと思います。

本当に簡単な挨拶ですが、これくらいがベストです。気になる女性数人に一気に送ってもいいでしょう。

既婚者の場合は、自分にも相手がいることを必ず伝えましょう

出会い系サイトに登録している主婦の方は、平凡な生活に漠然と不満を持っていると同時に、浮気に対する罪悪感が強いのかもしれません。その場合、相手も既婚者だからこその罪悪感を共有することで心を開いてくれることが多いです。ちょっとした遊び心で、相手が既婚者だと真剣に受け止めてくれないということを安心させることも大切です。

プロフィールが綺麗に書かれていれば、50%以上の確率で返事が返ってくるはずです。そこからは、少し長文でも良いので、いろいろな方法で自己紹介をしてみましょう。ポイントは相手からどれだけの情報を引き出すことができるかということなので、最低でも3~5回はメッセージのやり取りをする必要があります。

人妻とのアポを取るための必殺技とは?

人妻と何度もメッセージをやりとりしていると、だんだんと気が合うようになってきます。しかし、出会い系サイトでやり取りしている人妻と実際に会う人妻の間には大きな壁があることに気づくでしょう。
せっかく仲良くなったとしても、実際に会う人妻との間には大きな壁があります。お願いをしても断られてしまったら、その状況から抜け出すのは非常に難しいでしょう。それが怖くていつまでたっても誘えない人はとても多いです。

そんな時のアドバイスとして、私がいつも人妻に使っている特別なコツをお伝えします。具体的な例を挙げて説明します。

一番簡単なのは、以下のパターンです。
メールでいろいろな話をやり取りしているうちに、人妻が旦那さんに不満を持っている可能性が高いです。
できれば、その話が出てきたら、それをかき混ぜて、さらに不満が出てくるようにしましょう。そして、こんな風に彼女に聞いてみます。

私も男だから旦那さんの言いたいことはわかるけど、それはちょっときつい。
旦那さんを辛いと思うのは当然です。オープンテラスがあってストレス発散できる場所を知っています。私でよければ一緒に行きましょう。

「行きたくないけど、ストレス発散のために一緒に行くよ」という言い方です。これは、女性に「一緒に行こう」と誘う方法です。女性からすれば、断る理由はないですし、私のために誘ってくれているのですが、断るわけにはいきません。

この誘い方での成功率が90%以上というのは、私の経験上でしかありませんが。

これで、出会い系サイトに登録してから実際に既婚女性と出会うまでの流れが理解できましたね。思っているよりも本当に簡単なので、ぜひ実践してみてくださいね。

さて、これで人妻との出会いが実現しましたね。では、その後のことを書いていきましょう。

人妻が不倫に求めるものを考えよう

正直、人妻と出会うまでは誰にでもできる思います。それくらい今の出会い系サイトはお祭り騒ぎです。
でも、出会ってからはただの人対人の関係になってしまいます。女性の心を理解していないと、好きになってもらえません。出会った人妻とうまくやっていくために、女性が何を求めているのかを話してみましょう。

「はぁ? エロいから出会い系サイトに出ているような人妻とのセックスを求めているだけじゃないの?」
まさか誰もそんなこと考えてないよね?だとしたら、100%セックスできません。

女性は男性と違って、性欲だけで行動することはありません。常に感情的な欲求を同時に求めてきます。
一般的に、既婚女性が求めるものは以下の通りです。

  • 誰にも褒められないから褒めてほしい。
  • 彼に女として見てもらいたい。
  • 恋のスリルを感じたい。
  • エッチをしてもらいたい。

これらを全て満たす必要があります。なので、実際に会ってからこれらを意識して、少し大げさでもいいからアピールしましょう。

会うたびに必ず褒めるようにしましょう。あなたの美しさを伝えましょう。レディーファーストであることを確認しましょう。
恥ずかしがり屋の彼女であっても、心の中では必ず喜んでくれます。

これらのことをしっかりと女性を満足させてあげれば、セックスに移るのは本当に簡単です。もちろんですが、セックスも徹底的に愛撫しましょう。

人妻をホテルに誘うときには明確に

人妻と会った後は、とにかく女性として接し、彼女を「ドキッ」とさせるような行動をする必要があると書きました。そうすることで、彼女が忘れていたデートの楽しさやワクワク感を味わうことができるようになります。この時点で女性は「この後、彼からホテルに誘われたらどうしよう」などと考えているはずです。

それまでのように、とても優しくホテルに誘っても、女性の罪悪感という壁を突破できない可能性があります。もちろん、急に饒舌になるのは論外ですが、彼女をホテルに誘うときは、「本当に二人きりになりたい」ということをはっきりと強く伝えましょう。

強く誘うのには理由があります。それは、女性が

「無理矢理だから断れなかった そんなつもりはなかった。」

と言い訳のような状況を与えることで、罪悪感を軽減させることが目的です。

もちろん、会う前に下着などに気をつけていたはずですが、男性に「強引すぎて断れなかった」という雰囲気を与えることが大切です。形式的には渋っているように見えても、ホテルの部屋に入ってすぐに豹変した人妻を何人も見てきました。

人妻と不倫セックスをするときの注意点

さて、人妻不倫セックスをするまでの流れがわかったと思います。実際、ただセックスしたいだけなら、かなり簡単です。不倫したい人のための出会い系サイトですから、ある意味では当たり前のことです。

しかし、既婚者と不倫する場合には注意点があります。その辺りについて書いていきたいと思います。

旦那さんにバレないように計画を立てよう

もちろん不倫ですから、旦那さんにバレたら大変ですよね。既婚者の場合は二重不倫になるので、奥さんにバレたら大変なことになりますよね。不倫をする上で最も重要なのは、バレないようにすることです。

そのために必要な対策をお互いに話し合っておく必要があります。面倒くさいと思われるかもしれませんが、これをきちんと行えば、既婚女性から信頼され、とにかくモテるようになります。

ラインでやり取りをする場合

不倫が発覚する原因の上位に必ずと言っていいほどネット上でのやり取りがあるのではないでしょうか?基本的にダブル不倫の場合はラインはおすすめしません。しかし、男性が独身で女性だけが既婚者の場合、ちょっとした方法があります。
それは、男性が女性の名前(もしくは中性的な名前)に変えてラインをすることです。女友達としてしか連絡を取り合っていないので、万が一見られた場合は、女友達を期待していると思っておいた方が無難です。

「ここまでやるの?」と思うかもしれませんが、これは当たり前のことです。

電話だけして時間を決めておく

これが一般的な不倫のやり方です。一番の理由は、証拠が残らないことですし、電話をしてもいい時間帯を設定しておけばリスクがほとんどないからです。
今の時代、電話だけで連絡を取るのは不便だと感じるでしょうが、不倫はある意味不便だと覚悟しておきましょう。

  • 電話をしても問題ない時間帯と曜日
  • 電話をかける回数
  • 相手が出ない場合は、相手が電話をかけてくるまで折り返し電話をしないこと。
  • 万が一、相手が同席していて電話に出たくない場合は、あらかじめ決めておいた設定で電話に出る(※名字で出る場合は、職場の上司・部下のふりをするなど)。

最低限、これくらいは決めておきましょう。

ヤフーメールなど自宅で作成してログインしない。スマホでログインして、メールをチェックするたびにブラウザのクッキーを削除する

仕事などで電話に出るタイミングが決められない場合は、この方法で行きましょう。お互いにヤフーメールなどのメールを作成し、確認するときにブラウザにログインして確認します。チェックした後は、ブラウザのクッキーを削除しても問題ありません。会社のパソコンでも確認できるので、意外と便利です。

その他にも

  • 強い香水はつけない。
  • ホテルに行く場合は、自宅と同じボディソープを持っていく。

などの香り対策もしておきましょう。

人妻のセフレは必ず複数作る

これはあくまでも私の個人的な意見ですが、もし人妻とのセックスに成功した場合は、その一人に固執せず、同じ流れで複数作ることをお勧めします。その理由はいくつかありますが、1つ目の理由は、不倫はあくまでも遊びであって、真剣に付き合うことはできないと思っているからです。そのため、複数の人を作って、セックスや疑似恋愛を遊びとして楽しむべきだと思います。

もう一つの理由としては、複数の相手を作ることで、とにかく女性との付き合い方に余裕ができるので、それがモテる要因になるのではないかと思います。
それもモテる理由の一つだと思います。また、今は不倫セックスが簡単にできる時代ですから、たくさんの女性とセックスをした方が楽しいと思います。性癖もいろいろあるので、S女、普通の女、ドMな女と日替わりでセックスするのもいいですね。

人妻を満足させるセックスとは?

人妻と不倫をするのであれば、もちろんセックスでも人妻を満足させる必要があります。自分勝手なセックスをしていると、すぐに嫌われてしまいます。

では、人妻はどのようなセックスを楽しむのでしょうか?20代前半以下の若い女性であれば、前戯が多すぎると「しつこいおじさん」と言われてしまいますが、人妻に関しては、何度かイかせてから挿入しましょう。そのようにしてください。

そして、この「挿入はおまけ」の精神がとても大切です。

挿入によって相手はすでに全身を満足させているというイメージです。一般的に、夫婦生活が長ければ長いほど、それに反比例して挿入までの時間は短くなります。そんな当たり障りのないセックスに不満を持っている既婚女性にとっては、前戯の多いあなたのセックスはとても魅力的なものになるでしょう。

さらに、前戯といえば、AVのような激しいものを嫌がります。おそらくタッチの強さは半分以下にして、優しく愛撫する程度にしましょう。こんなに弱くていいの?女としてはそのくらいがちょうどいい。

「指を突っ込むと人が潮吹きしてしまう」という男性は、下手くそ自慢で恥ずかしいですよね。そんなことをしなくても、優しい愛撫で人妻をとろけさせることができます。

不倫や既婚者とのセックスで得られるメリット

若い独身の子供ではなく、既婚女性と不倫セックスをすることのメリットをあえて挙げてみました。メリットを語る前に、もちろん既婚女性であることのデメリットもあります。

それは、もちろん夫がいることです。不倫が下手をすると、旦那にバレて慰謝料を要求される可能性があります。
また、バレなくてもこっそりやらなければならないので、面倒なことも増えてしまいます。以上がデメリットです。

対して、既婚女性と不倫セックスをすることのメリットです。

人妻との恋愛暴走のリスクが少ない

私のように既婚者であれば、不倫セックスはあくまでも遊びなので、「離婚して結婚しよう」などと本気になってもらうことはありません。正直、若い子だとかなり暴れてしまうこともあります。
一方、既婚女性は大人ですが、自分の家庭を守ることを楽しんでいる人が多いので、暴走するリスクは非常に低いです。

セックスが濃くて気持ちいい

人妻AVに限らず、実際に人妻とセックスをしてみると、ほとんどの場合、人妻のフェラがとても良いです。セックスがうまいかどうかは、何人の女の子とセックスをしたかではなく、何人の女の子とセックスをしたかで決まります。そのため、人妻はフェラチオや騎乗位で腰を振るのが得意なのです。
若い子は4割くらいはマグロですが、人妻でマグロな女性にはまだ会ったことがありません(笑)。

人妻と不倫してセックスする方法は行動だけ

人妻と不倫セックスをする方法を長々と書いてきました。言葉にするのは難しいと思われるかもしれませんが、人妻とのセックスをしたいという願望を実現するだけなら意外と簡単で簡単です。

人妻といっても20代から50代まで様々なタイプの人妻がいますし、年齢によってもセックスの内容は変わってきますので、嫌がらずに色々な年齢の人とセックスをしてみることをおすすめします。

他にも、不倫セックスだからこそできる極端なこともたくさんあります。旦那さんとやったことがない人妻にはもちろんですが、一度結ばれたらセックスしたいという人妻にも何人か会ったことがあります。
ドムから「首を絞めながらセックスしたい」というかなり厳しい要求をされたこともあるので、私の好みとしてはかなり厳しいですが…。とにかく、旦那さんにも言えないような欲望を解放できるのが不倫セックスの良いところではないでしょうか?

ここまで読んでくださった方は、今日は出会い系サイトで人妻にメッセージを送るくらいはしてみてください。

そこまでできれば、あとはあっという間に終わるはずです。セックスライフが楽しすぎます。

人妻をセフレにしたら、次は若くて独身の女性をセフレにしましょう。少し難しいですが、もちろん若い女性もいいですよ。

既婚者として出会い系を利用する意味を理解しよう

なぜ出会い系サイトに登録したのか?どんな男性に聞いても答えは同じです。
良い女性と出会いたい、女性と遊びたい、浮気をしたいと思っているのです。
結局のところ、彼らはセックスがしたいのです。

では、結婚して出会い系に出ている人たちはどうでしょうか?

  • 毎日同じことの繰り返しで満足していない。
  • 不倫をしたいから。
  • 一人の女性として見てもらいたいから。
  • 不倫のドラマに憧れている。

最後の最後には、男性と同じ目標を持っています。
 
もちろん、それを認めない女性もいます。プロフィールに「ただの友達」「浮気はしない」と書いている女性もいます。
しかし、それならば、なぜ出会い系なのでしょうか? 知り合いや友達を作りたいなら、普通はSNSを利用しますよね。出会い系を利用している男性が友達を作りたいと思っているわけではありません。出会い系は、より成熟した関係として楽しみたい男女が集まる場所なのです。それを分かっていてわざわざ選んでいるので、どんな言い訳をしても浮気やセックスをしたいと思ってしまうのです。

しかし、女性は男性に比べて守りの意識が強いです。これは、男性に物理的に勝てないという側面から生じています。
そのため、出会い系に女性を誘う際には、とにかく女性があなたと一緒にいて安心することを第一に考えましょう。写真がかなりイケメンなのに出会い系であまり成功していない人は、この点で勘違いしています。たとえイケメンであっても、怖いと思われてしまったら本末転倒です。
逆に、普通の容姿であっても、優しいと認識されれば成功率は格段に上がります。相手に安心感を持ってもらうためにも、最初の約束は昼間にして、お酒を飲まないようにした方が安心感が得られます。
このように考えれば、カフェでランチを誘うのが一番アポ取りに成功します。
逆に、飲み屋で飲みに誘うと、大抵の場合は警戒されてしまいます。もちろん、2回目に会った時だけであれば問題ありません。
とにかく最初は、彼女を気持ちよくさせることだけを考えてデートに誘ってみてください。彼女を気持ちよくさせてあげれば、あなたと女性は同じ目的を持っていることになります。すぐにセックスに流れていきます。

タイトルとURLをコピーしました