痴女とのセックスは最高!出会い方・口説き方・セフレの作り方

痴女とのセックスは最高!出会い方・口説き方・セフレの作り方 セフレ募集に関する書き込み

痴女とは、卑猥な行為を好む女性のことです。
普通のセックスでは経験できないシチュエーションがあったり、卑猥なプレイもありますが、痴女と一緒ならば楽しむことができます。

男性なら一度はヤリマン痴女とのセックスに挑戦してみてはいかがでしょうか?

  • どこに行けば痴女と出会えるのかわからない
  • 誰が痴女なのかわからない

そんなあなたのために、私の体験談をもとに痴女との出会い方や見分け方をご紹介します。また、出会った痴漢からセフレを作る方法も紹介しますので、ぜひ読んでみてくださいね。

痴女の特徴と見分け方

痴女とは、誰もがあからさまに露出した服を着て男性を誘っているわけではありません。一見地味で普通の女性が実は痴女だったりすることも珍しくありません。見た目だけで痴女を判断しないようにしましょう。

痴漢の特徴と見分け方をご紹介します。以下の基準を満たしていればいるほど、痴女である可能性が高くなります。

痴女は近い

男性と女性が並んで座ると、通常は数十インチの距離になります。しかし、痴女の特徴を持つ女性は、肌と肌の接触を好みます。

  • 肩から肩まで触れ合えるほど近くに座る
  • ボディタッチが多い
  • 頻繁に足を組むか、モッシュした姿勢で座る

こんな女性を見つけたら、それは痴女要素が高いサインです。積極的に口説いてみましょう。

ちなみに、口説くときは女性の腰に手を回すのがコツです。積極的に口説くときに女性の腰に手を回すと、女性が発情して早くセックスしたくなるのでおすすめです。

王様ゲームをする

飲み会で王様ごっこは便利です。この時、痴女が王様の場合、命令が下ネタになりがちです。

  • ナンバー○○と○○がキスをする
  • 番号○○が番号○○のお尻を平手打ち

こういった下心のある命令は、本人が大人の展開を望んでいるからです。かなり確実な痴女サインなので、見逃さないようにしましょう。

2ショットの自撮りをする

2ショットの自撮りをするときは、フレームの都合上、2人の被写体が近くにいる必要があります。これを利用して、女性の肩を抱きしめてみましょう。

女性が以下のような行動をしてきたら、痴女である可能性が高いです。

  • あなたの肩を抱きしめてくる
  • あなたの首にもたれかかってくっついてくる

これは簡単にできるシチュエーションなので、どんどんやっていきましょう。

下着のラインをチェックする

痴女はいつでもセックスができるように警戒しています。生理の時以外は毎日勝負下着をつけている痴女をたくさん見てきました。

特にTバックを履いている痴女は多いです。しゃがんだ時にお尻に出てくる下着のラインをチェックしてみましょう。

スタイルを褒める

また、スタイルを褒められた時の反応で痴女を判断することもできます。どこかで特徴的な部分を見つけて褒めてみましょう。

  • お尻が可愛いね
  • ウエストラインが綺麗だね

女性が素直に喜んでいるときは、痴女要素が高いです。

「うふふ、ありがとう」
「よく言われます」

などと自慢げにポーズをとる人もいます。痴女は自分の身体的特徴を武器にしています。褒め続けて、その気にさせてあげてください。

一方、普通の女性は反応が控えめです。褒め言葉をすぐに流されてしまうと、見通しが悪くなります。

痴女との出会い方

私が試してみて実際に効果があった出会いの方法をご紹介します。

  1. 痴女がよく行くスポットに身を置く
  2. ターゲットを絞る

この2点に注目してください。

クラブで短いスカートを履いている女性

クラブは痴女を見つけるのに有効な手段です。
クラブには人が集中しているため、痴漢行為が多発しています。そのため、女性はスカートよりもズボンを履いた方が安全です。

にもかかわらず、痴女は短いスカートを履いています。これは、男性を誘惑したいという痴女である可能性がかなり高いです。

痴漢されるリスクよりも、男性の目に留まることのメリットを優先しているのですから、怖がらずに誘ってみましょう。クラブにいる男性は積極的にアプローチする必要があります。

ビーチやスキー場でくつろぐ女性たち

海やスキー場は典型的なナンパスポットです。リゾート地は女性の開放感を高めてくれるので、ナンパしやすくなります。それを女性も理解しているので、痴女率が高いのです。

ただじっとしているだけの女性は、間違いなくナンパされるのを待っています。彼女たちも一夜限りのナンパを期待しているのです。

もちろん、今までに何度もナンパされているので、痴女としてのポテンシャルが開花している可能性が高いです。

しかし、この定番ナンパスポットにはライバルがたくさんいます。何度も断られてもナンパするメンタリティが必要です。ナンパはノリノリでアプローチです。

バーやラウンジの常連さん

おしゃれなバーやラウンジは、多くの恋人と出会える場所でもあります。相席バーや相席ラウンジは女性は無料で利用できるところがほとんどです。

だからこそ、女性は
「無料だから来ている、出会いを求めているわけではない。出会いを求めているわけではない・・・。」
などと言いますが、架空のものでしかありません。

好みの男性が口説いてきたら、その男性とセックスしてもいい。

これが現実の話です。

しかし、相席バーや相席ラウンジはそれなりにお金がかかります。長時間一緒に座っていても断られてしまうことがあるので、費用対効果はあまり高くありません。

夜勤の女性との待ち合わせ

性欲の強さという点では、夜勤をしている女性との合コンがおすすめです。

生活リズムが不規則になると、性欲が高まります
夜勤だと出会いが難しくなるし、男性に飢えている

どちらもあくまでも仮説ですが、私の経験上、痴女率は高いです。
夜勤がある職業には、「看護師」「介護士」「コールセンター」などがあります。これらの職業は女性の割合が高いので、合コンのメンバーを探すのに苦労することはないでしょう。

見た目でがっかりしてしまうことも多いですが、頻繁に抱けばきっと好みの女性が見つかるはずです。

出会い系サイト

時間とお金を効率よく使いたいなら、出会い系サイトを利用するのも一つの方法です。

ネットの環境は女性を大胆にしたり、大人の会話で盛り上がることが多いです。痴女を見つけるのは簡単です。

しかし、ペアーズやOmiaiなどのマッチングアプリは、痴女を探すのには向いていません。

それは、大多数の女性が真剣に恋愛や婚活に取り組んでいるからです。そして、そもそも大人の関係を認めていないのです。

痴女をセフレにする方法

痴女と会ってセックスを楽しむのは、わりと簡単です。痴女は、不特定多数の男性との一夜限りのセックスを楽しみたいと思っていることが多いです。

しかし、痴女をセフレとしてキープするとなると、ちょっとしたコツがあります。今回は、経験豊富な痴女をセフレとしてキープする方法をお伝えします。

ハッキリと「またセックスしようね」と言う

痴女は「複数の男性と遊びたい」タイプであることが多く、特定の相手に縛られることを嫌います。そのため、自分と相性の良い男性は大歓迎です。

セックスの直後、女性が素直に話してくれているときには、こんな感じでセッティングしてみましょう。

「気持ちよかった」
「私もだよ」
「またセックスしようね いつでも電話していいよ」
「いいの?」
「うん」

セフレであっても痴女の役に立つ男であることが大切です。痴女に主導権を渡すことで、セックスがしやすくなります。

もっと過激なセックスを求める

初めてのセックスの後にベッドで痴女を誘惑するのも有効です。

「今度はもっと過激なことに挑戦してみない?」

当然、痴女は興味を示してくれるので、その場で次のデートを決めて会うことができます。反応が良ければ、その場でプレイを続けることができます。

「やってみたい体位やプレイはある?」
「〇〇やってみたい。」
「こう?」

みたいな話をしながら、そのまま2回戦に突入しました。

「2回もセックスして あんな感じのプレイも・・・」

そんな風に思わせておくと、その後のセフレ化ができやすくなります。痴女の異常な欲望を叶えやすくなりますし、セフレにしやすくなります。

嫉妬させる

どんな女性でも、多かれ少なかれ嫉妬します。そして、その嫉妬心は所有欲によって煽られます。それを利用するために、痴女の前ではわざと他にもセフレがあることを明かします。

「昨日会った友情よりも気持ちが良かった」
「何が?他にもいるの?」
「うん、女の子から電話がかかってくるよ。」

こんな風に話しかけると、淫乱な女は自然とこう感じるようになります。

「他の女に負けたくない。」

頻繁に誘われるようになるでしょう。

痴女との淫らな体験

痴女との体験談をご紹介します。

ある日、馴染みのクラブに行くと、かなり酔っ払った女性が一人で踊っていました。胸元が大きく開いたタイトなミニワンピを着て、派手なメイクをしていました・・・。まるで痴女のようです(笑)。

「テキーラで乾杯!」
「乾杯!」

酔っ払っているからかもしれませんが、いきなり乾杯のお供をするのは警戒心ゼロです。私はすぐにバーカウンターに行き、肩を組み、彼女とテキーラで乾杯をしました。

これを3回ほど繰り返すと、彼女は私に体を近づけてきました。私が軽く胸やお尻を触っても、彼女は全く怒りません。それどころか、もっと触って欲しいと突進してきます。

「ちょっと酔っ払ってるから、風に当たりたい。」

彼女がそう言い始めると、私は彼女を非常階段へと誘導しました。

いきなりのフェラチオ

非常階段で二人きりになると、彼女は私の前にしゃがみこんできました。

「大丈夫?」
「・・・。」

「水を飲む?」
「・・・。」

彼女は私の問いかけには何も答えず、代わりに私の股間に顔を押し付けてきます。そしてベルトを外してフェラチオを始めました。

私がさらに勃起してくると、彼女は私を階段の上に押し倒し、そのまま上にまたがってきました。彼女はパンツの股下部分を自分で脱がし、慣れた手で挿入しました。

その速さに驚きながらも、彼女は狂ったように腰を振り続け、何度も何度もイッてしまいました。
彼女の淫らさに興奮した私は、いつもより早くイッてしまいました。

フィニッシュすると、彼女は私の上で掃除フェラをしたりし始めました。
そして彼女は「もう一回して」と懇願してきました。

「ねぇ、ホテルに行こうよ。」
「またやりたい?」
「そう。」

こんなことになるなら長居する必要はなし。私はすぐにクラブを出て、タクシーで最寄りのホテルに向かいました。

痴女の領域

ホテルの部屋に入ると、淫らさは加速していきました。玄関のドアを閉めるとすぐに、彼女は私の服を脱がし、その場でフェラチオをしてくれました。片手でオナニーまでしてる。

「立ちバックが好きなの。」

彼女は下着を脱ぎ捨て、お尻を突き出しました。

そこから騎乗位に体位を変えると、彼女はさっきよりもさらに激しく腰を振ります。結局、二人とも玄関先で服を着たままで二回戦終了です。

しかし、痴女はそれだけでは終わりません。二人で風呂に入っていると、彼女は俺のペニスを触ってきました。

「もっとしたい」

そして、自分の体をよく拭くこともせず、ベッドの中で3ラウンド目をスタートです。過去2回戦とは違い、今回は前戯にたっぷりと時間を費やす彼女。

しかし、私を責めるのは彼女です。体のあらゆる部分を舐められ、彼女が挿入してくるまではほぼ絶頂状態でした。

全ては痴女の思惑通り

3回目のラウンドを終えて、彼女は落ち着きを取り戻しました。

「もう酔いが醒めたの?それともまだ気持ち悪いの?」
「私は全然平気だよ。」
「回復が早いね。」
「そもそも酔ってないし。」

彼女とよく話をすると、クラブで酔ったふりをしていたそうです。そうすれば、一夜限りのセックスを求めている男性がたくさん寄ってきて、目当ての男性を選びやすくなるとのことでした。
その作戦に惚れ込んだ私は、痴女との3連戦に大満足でした。

まとめ

痴女はAVだけじゃないの?

そう思うかもしれませんが、痴女はある程度存在します。中にはAV女優よりもさらに淫らな女性もいます。

痴女とのセックスは、普通のセックスでは得られない快感です。ここで紹介した手順を踏んで、是非とも痴女プレイに挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました