出会い系サイトで美人の女性とエッチするとは!?意外な性癖の目覚め…

出会い系サイトで美人の女性とエッチするとは!?意外な性癖の目覚め... セフレ募集に関する書き込み

私は後輩から出会い系の使い方を教わり、何人かの女性と出会えるようになった中年会社員です。
出会い系サイトで綺麗な女性と出会えるかどうかを後輩に相談していたのですが…。

「ブスとは言わないけど、みんな普通の女の子。美人ですか?悪徳業者しか知らない(笑)。」

付き合いの長い後輩でも美人には会ったことがありません…と言っていました。
確かに、芸能人並みの美人であれば、出会い系で男を探す理由はないですよね。そもそも、日常生活でも本当に美人と言える人は稀です。

過度な期待はしない方が絶対にいいと思うのですが…。本当に綺麗な女性に出会えたから夢を見ることもありますし(笑)。

出会い系でのプロフは微妙

仕事帰りに駅前のスーパーで惣菜とビールを買って帰る。一人でご飯を食べながら出会い系サイトをチェックする。すると珍しく、投稿してもいないのに掲示板に新着メッセージの通知が。

「気になる」という機能を使った挨拶文だったが、とりあえずプロフィールを見てみる。
私の率直な感想は、残念ながら…。

まず、彼女は27歳。私よりも一回り以上年下で、何を話していいのかわからない。東京都ですが、プロフィールも真っ白です。彼女が投稿した写真もイマイチでした…。

私のことを気にかけてくれていたことに感謝しています…。

そんなことを思いながら、今日は一日放っておいた。翌朝、朝食を食べながら、改めて見る。

「足跡をありがとう…」

昨日の子からのメッセージです。完全に業者を疑っていたのですが、メッセージの後半に目を引く言葉がありました。

「おじさんが好きなんだけど、もしよかったらメール友達になってくれないかな」

……..ん?メル友?もしかして、もしかしてセフレになるためのものなのか?
少しでもセフレになれる可能性があるとしたら話は別だ。下手なプロフィール写真は気にしないことにして、メッセージを返してみましょう。このくらいの年齢の女の子にナンパされるのは、出会い系の醍醐味かもしれません。

実際に会ってみると、まともな容姿の女の子でした

出会い系の場合、メールで友達になることが目的で会ったとしても、近くに住んでいれば直接会うことが多いと思います。

「飲みに行きませんか?」

と逆ナンパしてくれたおじさん趣味の女性も数回のメールの後に誘ってくれました。

週末の夜、仕事帰りに上野で待ち合わせ。おしゃれな店ではなく、昔ながらのバーに行かないかと誘われました。選んだのはアメ横のガード下のバー。上野駅のことをメールで送ったら、すぐに返事が返ってきた。

「アメ横の入り口近くのセブンイレブンにいます。眼鏡をかけた団子頭の私。」

セブンイレブンに行くと、入り口の横で若い女性がスマホをいじっていた。お団子ヘアでメガネをかけていた。

「あなたが○○さんですか?」
「はい、そうです、○○さん。よろしくお願いします」

とても明るい女性だった。
プロフィール写真はイマイチだったけど、実際に見てみるとかなり美人だった。むしろ、どこかで見たことがあるような…。一見地味な感じの彼女ですが、性格は良いですね。なんで彼女が出会い系にいるんだろう?というのが第一印象でした。

可愛いけど中身は複雑なオヤジ女

「おじさんのことが大好きです。」
「私は誰にも会ったことがない。出会っても続かないよ。」

彼女がそう言った理由はすぐにわかりました。それは、彼女自身がおじさんだったからだ(笑)。ビールも美味しそうだし、おつまみのチョイスも本物のおっさん並み。

見た目は20代の若い女の子ですが、職場の仲間と飲んでいるのと同じです。彼女自身もそれにコンプレックスを持っている。

「派手なカフェには行けない。」
「恋愛ドラマを見るよりも、深夜食堂や孤独のグルメを見る方が好き。」
「メールとか苦手なんだよね。」

同時代人と同じ価値観を持っていなかったので、それがストレスになっていたようです。だから、最初から話が合うおじさんを探そう。そうして彼女は出会い系に来たのです。

美人の女性とのセックスは楽しい

アメ横でガード下でいい感じに酔っ払って、上野駅前のラーメン屋台で〆の一杯。いつもと同じことをしているのに、なぜか若い子連れだから楽しいのかな?

「X君、もうちょっと遊びに行かない?」

一瞬イライラした顔をしたが、そのままついてきてくれた。驚いたことに、ホテルまでの流れはとてもスムーズだった・・・。
ホテルに入ると、さっきのオジサンの女の子が急に大人っぽくなっていた。

「いや~経験がないわけじゃないですよ~。初対面の人は初めてなんですよ~。」

急に恥ずかしくなってきた。そういう話なら、ここはお前が先頭に立ってやれよ。

私は髪の毛をほどき、眼鏡を外す。
…ん?前にどこかで見たことがあるような気がしたんだけど….。

「やっぱり、若い頃の榎〇加奈子にそっくりだったんだ!」

居酒屋は比較的暗く、服装も髪型も地味だったので気がつきませんでした。40代の私目の前には、私たちのアイドル(に見えたw)がいました!
興奮しないわけにはいきません。

絶対セフレにしようと思います!
勝手に胸の近くで抱きしめてみました(笑)。

恥ずかしそうにしながらも嫌がる様子もなく、だんだんと事態はヒートアップしていきました。ソファに座ってパンツを脱ぐと、一瞬戸惑いながらも素直にしゃぶってくれました。

私のアイドルにフェラされる姿は…。同世代の男性に同情してしまいましたが、それも束の間…。

股間に激痛が!(泣)

彼女はあまり慣れていなくて、歯が当たったよう。でも、彼女の顔を見ると、もう終わっているように見えます。彼女は自分の歯が当たったことを本当に知らなかったのだろう。

彼女は服を脱いで私に近づいてくると、ますます息が荒くなっている。

一回り年下の若い女の子。しかも、憧れのアイドルとセックスできるなんて…。考えただけでやっと自我を抑えられるようになりました。

そのまま興奮に身を任せてベッドに押し倒す。それを隠そうと体を抱きしめていると、突然肩に激痛が走る……。

「痛っ…」
「ごめん、またやっちゃった…。興奮するとどうしようもなくて…。」

今度は思わず声を上げてしまいました。噛み癖があるようで、どのくらいの力加減でやればいいのかわからないそうです(汗)。この習性のせいで、一度や二度ではなく、何度も振られたことがあるそうです。

確かに痛いのは嫌だけど、跡が残ったら遊んでいるサインだし、体調が悪いのは仕方ないかな…。

「・・・それなら仕方がないのかな・・・。」

ちょっと意地悪な感じで、近くにあったタオルで彼女に猿ぐつわを。
案の定、最初は抵抗していましたが、以前よりも興奮しているのを隠しきれずにいました。まさか自分にSMの味があるとは思っていませんでしたが、それは自分にとって新しい発見でした。

理由はあったとはいえ、美少女を拘束して襲う機会は、普通では考えられないことでした。妻には今まで感じたことのない興奮を感じ、朝まで休むことはありませんでした。

出会い系で綺麗な女性に出会えてよかった

「俺の憧れのアイドルをセフレにしてやる!」

と決めたのですが、問題がありました。
それは、噛み癖の問題。帰宅してシャワーを浴びると、左肩にはっきりとした歯の跡と青あざが…。

幸い、歯の跡は翌日にはほとんど消えていましたが、青あざはしばらく残りました。帰宅しても傷跡が残っていたので、大きな包帯を巻いたのですが…。

妻には「自転車で転んで肩を打撲した」と誤魔化しましたが、何度も続くとさすがにバレてしまう言い訳です。

それ以降、メールで誘ってくることはありません。
私も彼女に連絡することに躊躇があったのですが、結局自然消滅してしまいました。
正直、後悔の念でいっぱいです…。

やはり身の安全が第一なんでしょうね(泣)。

タイトルとURLをコピーしました